“地上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちじょう56.7%
ちじやう22.4%
ちじよう6.0%
じべた3.0%
ちじゃう1.5%
した1.5%
じあ1.5%
ちびた1.5%
ぢびた1.5%
ぢべた1.5%
1.5%
ツチノウヘ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おこがましい申分かはじませぬが、その御理解充分でないと、地上人類発生した径路がよくおりにならぬとじます。
女等少時休憩時間にもふにはをとつて地上く。つにはれるのをうて屹度にしてせるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ぎに富山縣高岡市末廣町にある七本杉は、地上五尺のところで幹廻六十六尺二十餘間樹齡一千年へられてゐます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
思わず手に持っていた書物をパタリと地上に取り落すと、間もなくと吹いて来た秋風に、がバラバラと千切れて、そのまま何千何万とも知れぬ銀杏の葉になって
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
として誓約地上らうぞ、れてから取戻してたもらずば?……めてたも、へてたも。
腕だめしを見せましょうか——そうさねえ、雪さん、ついお前さんのうしろの、何の木だか、細い幹、あの木の地上から五尺ばかりに見えている、枝を払ったあとの
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
土塊や廃瓦は幾分邸内の低地の地上げに用いたが、それでもなかなか納まり切れず、空地の一隅にうずたかく積み上げて、震災記念の小山が出来た。
震災後記 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
二郎は握っていた青々とした小枝を地上に落して、耳を傾けていると又呼ぶ声が聞こえるのである。確かに姉の声に相違がない。
稚子ヶ淵 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ずることも出來うずれ、このやうに頭髮掻毟って、ま此樣地上れて、まだらぬ墓穴ることも出來うずれ!
彼は一たまりもなく地上に倒れた。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)
多少の金廻りは村人の心を動揺させないために有効であった。「うまくいった。うまくいった、北野家の伝統の岩をゆるがし得るものがこの地上にあろうはずがない」
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
地上ちて朽ちけむ くろめて、蟻のむらがる﹆
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)