“じあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地上50.0%
地揚50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土塊や廃瓦は幾分邸内の低地の地上げに用いたが、それでもなかなか納まり切れず、空地の一隅にうずたかく積み上げて、震災記念の小山が出来た。
震災後記 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
八百屋善四郎はその時庭の地揚げ土台の根つぎなぞ致すため客を
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)