“善四郎”の読み方と例文
読み方割合
ぜんしろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日は五ばかりで善四郎さんへおア喰いにかねえかというから、有難えッてんで往って見ると、一杯にがってゝ上も下もいけねえと云うので、是れから上手へ往こうというのだが
八百屋善四郎はその時庭の地揚げ土台の根つぎなぞ致すため客を
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
中村善四郎
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)