怪人二十面相かいじんにじゅうめんそう
そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。 「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊のあ …
作品に特徴的な語句
しょう ごろも どう 空車くうしゃ てっ 交際こうさい 仙女フェアリー ぷく 微笑びしょう きょ 一寸いっすん 一時ひととき 空虚くうきょ そう しん 小暗こぐら 相好そうこう 富豪ふごう だい いそ 性急せいきゅう さか 計略けいりゃく しょう 秒時びょうじ 希代きだい 廃屋はいおく 眼光がんこう 弾丸だんがん さっ 盗賊とうぞく そう きゃく あや べい 執着しゅうちゃく ころも 土蔵どぞう 嘲笑ちょうしょう めい 白昼はくちゅう 参上さんじょう 白刃はくじん いくさ 貴下きか 拙宅せったく 足労そくろう 捕縄ほじょう 一網いちもう 凝視ぎょうし 生来せいらい 鳥打とりう 首領しゅりょう 方々かたがた がね 門脇かどわき 人殺ひとごろ 上気じょうき ぐう 木立こだ 盗人ぬすびと 破壊はかい 正夢まさゆめ 殺気さっき 眼力がんりき 母屋おもや 毒口どくぐち 池袋いけぶくろ 相好そうごう けつ 港区みなとく 湯気ゆげ 潜伏せんぷく 白羽しらは 由緒ゆいしょ こう 生涯しょうがい 甲冑かっちゅう 疾走しっそう 生気せいき 白布しろぬの 白系はっけい 珍蔵ちんぞう 無精ぶしょう 無性むしょう 用件ようけん 白髯はくぜん もの 王家おうけ 王子おうじ 盗奪とうだつ