“生涯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうがい70.4%
しやうがい21.7%
せうがい3.4%
らいふ2.0%
しようがい1.0%
しょうげえ1.0%
くちすぎ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五十余年の生涯の中で、この吉左衛門らが記憶に残る大通行と言えば、尾張藩主の遺骸がこの街道を通った時のことにとどめをさす。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
私は二十になつた今日までの生涯にこれぞといつて人さまにお話し申す大事件もなく、父母の膝下に穏やかな年月を送つて参りたが
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
実際真面目生涯真味ひし人のみがき得る人なり 宗教を以て茶話席活題となすにまるものは言語的捺印的一致れよ
時事雑評二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
しやれな勞働者は其の唄のらぬ惡魔のやうな機械の運轉渦中身躰卷込まれて、唄の文句の其のり、くもない生涯げたのではあるまいか。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
長「べらぼうめ、気が違ってたまるもんか、此様な下手な親方に附いていちゃア生涯仕事の上りッこがねえから、己の方から断るんだ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
吾等しい生涯では、農事多忙しくなると朝も暗いうちに起きて、燈火けて朝食を済ます。東の空が白々となれば田野へ出て、一日働くと女の身体は綿のようです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)