“しょうげえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
生涯100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長「べらぼうめ、気が違ってたまるもんか、此様な下手な親方に附いていちゃア生涯仕事の上りッこがねえから、己の方から断るんだ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
何うせ此の世にゃア望みはえ、えものでも沢山って、面白い思いをして太く短かく生涯を楽に暮して、縛られゝば百年目、此の粗末な素首を飛ばして帳消をして貰うばかり