“しようがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
生涯66.7%
障礙33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しやれな勞働者は其の唄のらぬ惡魔のやうな機械の運轉渦中身躰卷込まれて、唄の文句の其のり、くもない生涯げたのではあるまいか。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
彼方建築られしをひ、开處女中頭としてめは生涯のつもり、らくをもふてはるべき約束さだまりたれば、此地にはませぬ、があらば一はさせてされ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
よし僕等の生涯は、勞働者と比較して何等相違がないとしても、僕等はに勞働者的生涯からして、もう少し意味ある、もう少し價値あるライフにりたいと希望してゐる。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
浮世めて、十五がほどの足掻きかたとては、には赤鬼仇名せられて、五十にらぬ生涯のほどを死灰のやうにりたる、それが餘波幾万金玉村恭助ぬしは
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
だから色々の障礙がありますと言つた。
女占師の前にて (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)