“しやうがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シヤウガイ
語句割合
生涯77.2%
障礙10.5%
障碍8.8%
生害1.8%
障害1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駅へついてみて、私は長野か小諸か、どこかあの辺を通過してゐる夜中に、姉は彼女の七十年の生涯に終りを告げたことを知つた。
町の踊り場 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
丁度船が漏斗の壁に引つ掛かつてゐる工合が、底の方を覗いて見るに、なんの障礙もないやうな向になつてゐたのでございます。船は竜骨の向に平らに走つてゐます。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
僕の昔から材料を採つた小説は大抵この必要に迫られて、不自然の障碍を避ける為に舞台を昔に求めたのである。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
殺し置き自儘生害なすと云は天下の大法知ぬに武士たる者の爲こと成ず依て暫時るを待ち奉行所へ名乘て出て相應なる處分を受るが至當なれば先其
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
落延しは今更後悔至極なり然しながら今其方にせよ我にせよ假令生害したりとも何面目あつて喜内殿に地下にて言譯が成べきや夫よりも我思ふには敵吾助をね出て亡魂らば少しは罪を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
内儀さんは什麽にしてもつてりたいとしたら其處障害ればてそれをらうと種々工夫してるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
として彼等勞働るべき障害へて彼等を一部屋めた。一工賃非常節約をしても仕事なければ一自分にはらなくなる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)