澄江堂雑記ちょうこうどうざっき
一大雅の画 僕は日頃大雅の画を欲しいと思つてゐる。しかしそれは大雅でさへあれば、金を惜まないと云ふのではない。まあせいぜい五十円位の大雅を一幅得たいのである。 大雅は偉い画描きである。昔、高久靄崖は一文無しの窮境にあつても、一幅の大雅だけは …
作品に特徴的な語句
トラ カタチ チヒ やうやう セイ トコロ ヤス しひ ぢよ 温柔ヲンジウ がら シカ ヒト いなづま うづだか みさほ いつは 目的エンド めい 唯一ゆゐいち 人家ジンカ さが しつ ケモノ マタ 顔貌かほかたち 何国なんごく ネズミ いほ まへ かへ おほ 憧憬しようけい 虚偽きよぎ トラ むな 洒落しや ゑさ 竊盗セツタウ ほほ ぷく 触角しよくかく 宛然ゑんぜん ちなみ 明日みやうにち 囚人しうじん いへ あひだ 苦笑くせう いは 二尺ニシヤク さだ 今日けふ 一層いつそう たぐひ うづ 本名ほんめい あたひ わづら 蜻蛉とんぼう 昨日さくじつ 障碍しやうがい あへ 関鍵くわんけん ぜん ゑが うたひ 万象ばんしやう いにし だい あぢは あはれ 尚更なほさら のち 平家へいけ 差支さしつか 行者ぎやうじや 希臘ギリシヤ 常談じやうだん 帽子ばうし 将軍しやうぐん めぐ もつと 蛞蝓なめくぢ 虚子きよし