“本名”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほんみょう66.7%
ほんみやう16.7%
ほんめい11.1%
ほんみよう5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三人の友だちとは、俳人の露柴、洋画家の風中蒔画師如丹、——三人とも本名さないが、その道では知られたきである。
魚河岸 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ボズさんの本名權十とか五郎兵衞とかいふのだらうけれど、土地だボズさんとび、本人平氣返事をしてた。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
其事虎髯がおすのが順當でせう。』と不意室内飛込んでたのは、磊落なる虎髯大尉本名轟大尉であつた。
代助は此細君をまへて、かつて奥さんと云つた事がない。何時でも三千代さん/\と、結婚しない前の通りに、本名んでゐる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)