“日本釈名”の読み方と例文
読み方割合
にほんしゃくみょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
書物に赤麻の約と出ているが、この想像説には信を措き難い。貝原益軒の『日本釈名』には「、あかは赤なり、さはなと通ず赤菜なり」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)