“日本魂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまとだましい69.2%
やまとだましひ23.1%
にっぽんだましい7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭の古い私を月並な日本魂と、義理人情で責め立てて、木ッ葉微塵に飜弄しつつ、ぐんぐんと死の陥穽の方へ引きずり込みつつあるのだ。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いつも画学と習字にかけては全級も及ぶものゝない長吉性情は、鉄拳だとか柔術だとか日本魂だとかふものよりもつた他の方面に傾いてゐた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
そのごうまいな日本魂と、強烈な研究心は、かれに航海上の大胆知識をあたえた。十四人の少年が、かれをこのサクラ号の指揮者となしたのも、これがためである。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)