“日本人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にほんじん45.5%
につぽんじん18.2%
にっぽんじん9.1%
ヤポンスキー6.1%
ジャパニイス3.0%
シャモ3.0%
ジャポネ3.0%
ジャポネーズ3.0%
ヤパーナー3.0%
ヤポンスキイ3.0%
ヤマトンチュー3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふに、いつたい僕等日本人麻雀神經質ぎる。末梢的ぎる。勿論ひ、へ、相手勝負事だ。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
えてます。父樣でゝ、お日本人といふをばどんなにもれてはなりませんよ、としやつたでせう。
酒屋さんは、ああいうのを、アプレゲールとか、いうので、いままでの日本人とちがっているのだと、いっていましたよ。」
春はよみがえる (新字新仮名) / 小川未明(著)
出鱈目をいうな、日本人。気球はいつかは地上に下りるもんだ。天空に上ったきりなんてぇことはない」
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「そうありたい事だ。こういっちゃの前だが、実に日本人は馬鹿さな。しかしあんまり不便だ。せめて一件の金時計を蔭ながら拝ましてやろうか。」
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこで余は思った、熊一変せばアイヌに到らん、アイヌ一変せば日本人に到らん、日本人一変せば悪魔に到らん。余はアイヌを好む。尤も熊を好む。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
日本人ってのは野蛮で勇気がある、ってことを聴いていたが、あなたの臆病なのには驚いた。もっともあなたの様なひとばかしじゃないんでしょうが……」
マア、や後のほうだろう。ところで、見受けたところ大将は、日本人らしい。日本人でも、サントスやサン・パウロにいるならお移民さんだが、リオにおいでのようじゃ大使館だね。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ちゃんとした服装をした紳士であったが、私の方を指さして、子供に「あれは日本人だ。支那人とはちがう」と説明していた。
日本のこころ (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
そして私の家では私達が言うことを聞かない場合には「アレ日本人ドー」といって、私達をすのであった。
私の子供時分 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)