空中漂流一週間くうちゅうひょうりゅういっしゅうかん
「火の玉」少尉 「うーん、またやって来たか」 と、田毎大尉は、啣えていた紙巻煙草をぽんと灰皿の中になげこむと、当惑顔で名刺の表をみつめた。前には当番兵が、渋面をつくって、起立している。 ここは帝都に近い××防衛飛行隊本部の将校集会所だった。 …
作品に特徴的な語句
ぶた そう どう 翻弄ほうろう じゅう がら 熱湯ねっとう かか のが 起伏おきふ くだ かつ あらかじ あお にわ しま かつ おどか 壮介しょうすけ 多忙たぼう 失敗しま のち ほがら そそ あかり まぶ かど あか へだた 鋼鉄こうてつ 闇夜あんや 一挺いっちょう 上膊じょうはく 上衣うわぎ 不省ふせい 催促さいそく 儼然げんぜん 光芒こうぼう かぶと 削減さくげん 剛力ごうりき 千切ちぎ 南京ナンキン 危難きなん かえ おさ 口糧こうりょう たた 号笛ごうてき 呑気のんき 周章あわ 咽喉のど しょう うな くわ しゃべ かつ おど 固形こけい かき うず 壮介そうすけ ほか 外蒙がいもう 大差たいさ 大童おおわらわ 天空てんくう 奮然ふんぜん もっと しかばね 岩窟がんくつ くず 延刻えんこく 当惑とうわく いろど かす おこた ことごと 悪口あっこう 悪戯いたずら おどろ ふる つつし なぐさ 戦慄せんりつ 手懸てがか 手許てもと たく