“固形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こけい66.7%
かたまり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鎔岩次第冷却してるとどんな成分のものも流動くなり、其後固形岩塊先頭岩塊えて前進するのみである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
六条は、携帯口糧をゴンドラの戸棚の中からひっぱりだして、キンチャコフにも分けてやった。戸棚の中には熱糧食だとか、固形ウィスキーなども入っていた。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
牛乳をてその中へ梅や桃の液をすと牛乳中の脂肪が水分と分離して白い固形になる。それと似たように鰻の毒分へ何か化学作用を起すのに違いない。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)