“不省”の読み方と例文
読み方割合
ふせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのころ、人事不省の両人をのせた気球は、不連続線の中につき入って、はげしく翻弄されていた。ものすごい上昇気流が、気球をひっぱりこんだから、たまらない。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
い付て四、五日目から人事不省そ一週間ばかりは何も知らない程の容体でしたが、にして全快に及び、衰弱はして居ましたれども、歳は若し、平生身体の強壮なそのめでしょう
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
あッという声がして、女中が襖をと思うに似ず、寂莫として、ただ夫人のものいうと響くのが、ぶるぶると耳について、一筋ずつ髪の毛を伝うて動いて、人事不省ならんとする、瞬間に異ならず。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)