“身体”のいろいろな読み方と例文
旧字:身體
読み方割合
からだ96.7%
しんたい1.8%
みうち0.5%
なり0.3%
カラダ0.3%
かあだ0.1%
がら0.1%
ずうたい0.1%
むくろ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、早く行つて、かみそりを買つておいで! 身体の毛をそるんだ。そしたら、立派なおヒゲが、もつともつと目に立つから。」
風邪をひいたお猫さん (新字旧仮名) / 村山籌子(著)
其結果から論じたら、わたくしは処世の経験に乏しい彼のを欺き、其身体のみならず其の真情をもんだ事になるであろう。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
鷲郎に助けられて、黄金丸は漸く棲居へ帰りしかど、これより身体痛みて堪えがたく。加之右の前足けて、物の用にも立ち兼ぬれば、口惜しきこと限りなく。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
「いえもう、身体ばかり大きゅうございまして、から、役に立ちません」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自分ノ身体ヲ可愛ガルヨウニ。今アナタガシイデショウネ。大工壁屋沢山ノ仕事デ。デスカラ身体ヲ大事ニスルヨウニクレグレモ願イマス。
八「はせな、身体れてけねい、す事が出来ねい、ホリャ困っさな、女中衆/\」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
あまり南下して、身体の小さい女蟹ばかり多くなったので、場所を北の方へ移動することになった。それで皆は残業をさせられて、少し早目に(久し振りに!)仕事が終った。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
物乞をするために急に三味線をき初めたものと見えて、年は十五、六にもなるらしい大きな身体をしながら
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今、汝の人とりをみるに、身体長大容貌端正、力能くぐ、猛きこと雷電の如く、向ふ所かたきなく、攻むる所必ず勝つ。即ち知る、形は則ち我が子にて、実は即ち神人なり。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)