蟹工船かにこうせん
「おい地獄さ行ぐんだで!」 二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。——漁夫は指元まで吸いつくした煙草を唾と一緒に捨てた。巻煙草はおどけたように、色々にひっくりかえって、高い …
作品に特徴的な語句
しゃ あたたま つま サイド 女子あねこ ほお 可愛めんこ 上手うめ しょ 親父おど 手前てめ なん 其処あこ 煙筒チェムニー かけら 生命えのぢ 浮標ヴイ 躊躇ため 身体がら ほっ ざま なつか おい ぽね おおき はず 非道ひで 叛逆てむかい 一寸いっすん 菓子がし ぱい 船腹サイド かか ざま 親爺おど 弔詞ちょうじ たくら あて はず 給仕ボーイ かたま くつ 吊下つりさが くすぶ 湯桶ゆおけ 眼差まなざ なま ほと 惹起ひきおこ 傭船チアタア たび 幾何いくら うさぎ かたき はば 内地くに とびら あらかじ うらやま かいり まかない 樺太かばふと 白首ごけ 越年おつねん とこ いや だこ 失敗しま にな しゃが とま ばこ つら ゆす 火花スパアクル きれ 鎌足かまあし