“片”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かた31.8%
きれ27.3%
かけ10.9%
ぺん7.6%
ひら4.8%
ペンス3.0%
かけら2.4%
へん2.1%
ぺら2.1%
はし1.5%
ペニー1.2%
0.9%
ぎれ0.6%
0.6%
びら0.6%
ペニイ0.6%
0.3%
かたづ0.3%
ぎん0.3%
へら0.3%
ハシ0.3%
ペニヒ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いままで、たのしかった、は、たちまちいがえてしまって、は、自分本箱や、のひきだしを、づけはじめました。
たましいは生きている (新字新仮名) / 小川未明(著)
おまけに、この間の水なるものが、非常にきたない。わらくずやペンキ塗りの木のが黄緑色に濁った水面を、一面におおっている。
出帆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「色も匂ひも味もないところを見ると、砒石だらうと言ふことで、喰べ殘しの小さいらを、本道の石齋が持つて行きましたが」
太空は一の雲も宿めないが黒味渡ッて、二十四日の月はまだ上らず、霊あるがごとき星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
其方もある夏の夕まぐれ、黄金色に輝く空気のに、の一き落ちるのを見た時に、わしの戦ぎを感じた事があるであろう。
ばすべきたくさんの品。私はたしかにあなたを、たった六で冷たく打ち倒すことも可能でしょう。ただちょっと実物さえ御覧になれば——。
兎も角もと私は其処に腰を下した。足の裏がちくちくと痛んでゐる。雲のは次第に消えて白い月影のみいよ/\寂しい。
岬の端 (新字旧仮名) / 若山牧水(著)
花下にある五萼片宿存して花後に残り、八ないし多片の花弁ははじめえ込み、まもなく開き、りを放って花後に散落する。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
の上から、な赤い石鹸を取りろして、水のなかにちょっとしたと思ったら、それなり余の顔をまんべんなく一応撫で廻わした。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
人の子を瓦ののやうに思つて居るそんな人間を養つて置く広いや無用な塀の多い街を私は我子を置いて死にとはよう思ひません。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
欠損の主因はファーニッシング・デパートメント仕入の際、英為替二であったのが送金のとき二志以下となる。
新種族ノラ (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
七つ八つの泡によって鍋底から浮上り漂う銀杏形れの中で、ほど良しと思うものを彼はで選み上げた。手塩皿の溜醤油に片れの一角を浸し熱さを吹いては喰べた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ぱらり、 ぱらり! とおさよの手で幾重にも包んだ油紙とぼろがとけてゆくうちに、いつしか堅くをのみながら、じっとおさよの手もとをみつめていた栄三郎の眼に、一閃チラリと映ったのは!
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「ざまア見あがれ、明日は龍の口の評定所へ駈け込み訴へだ。一萬二千石は三月經たないうちに微塵さ。それが嫌なら、娘をお屋敷へ呼返した上、下手人に繩付けて來い」
るにつれて黄蝋の火は次第ににおかされて暗うなり、燭涙ながくしたたりて、の上にはれたる、落ちたるはなあり。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
私の小さい女中は、私の家の掃除の手傳ひをしてから、一の手傳ひ賃で、大喜びでいつた。
のひとつぶやき
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
座敷張易んだときにはもう三時過になつた。さううしてゐるうちには、宗助つてるし、支度めなくつてはならないので、二人はこれを一段落として、髮剃けた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「わしだよ。そこでさっきの話のつづきだがね、おまえは魚屋の前からきたとすると、いまが一いくらするか、またほしたふかのひれが、十に何くるか知ってるだろうな。」
山男の四月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
樫をつた木の
妄動 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
此頃になつて、それは、遠い昔の夢の断れの様にも思はれ出した。唯この前提が、その時、少しばかり目醒めかけてゐた反抗心を唆つたので、はつきりと頭に印せられたのである。
身毒丸 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
二、三十で相当なものが吸われた。馬車屋や労働者の吸うもっと安い葉巻で、吸口の方に藁切れが飛び出したようなのがあったがその方はした事がない。
喫煙四十年 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)