文づかひふみづかい
それがしの宮の催したまひし星が岡茶寮の独逸会に、洋行がへりの将校次を逐うて身の上ばなしせし時のことなりしが、こよひはおん身が物語聞くべきはずなり、殿下も待兼ねておはすればと促されて、まだ大尉になりてほどもあらじと見ゆる小林といふ少年士官、口 …
作品に特徴的な語句
ざいわい きわみ びら たいらか 出来いでこ よしみ 直下ました いつく しりえ だち かおばせ てだて なかま おろ 便たつき いね いただき かたえ 夕餉スペー めぐり だん たた せま 珈琲カッフェー もてあそび 胸当ミーデル ようよ 消息しょうそこ ごろも ソップ 穹窿まるてんじょう しか 両側ふたがわ よぎ まみ がたり いだ ぬく あきらか 御使おんつかい 一件ひとくだり 彼方あなた よそおい 座敷ザロン またたき 鬱陶いぶ 真先まさき わが かさ うる こぼ ひろ ちぎ おびやか くゆ 腰帯シェルベ 奈何いかに 花瓶はながめ 木端タステン 見廻みめぐ わく もる あらわ 御助みたすけ いな かろ さが あやし ねもごろ 尖塔ピラミッド 小舟おぶね うべな 尋常よのつね 対岸むこうぎし つい ひとし ほまれ こと くが 随行したがいゆ ねむり けぶり うごか ほお ぬか 俳優わざおぎ 羊飼ひつじかい のり 真黒まくろ 一条ひとくだり くれない かご うすぎぬ