“座敷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざしき96.7%
つぼ1.1%
オイヘ1.1%
ザロン1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
女「あの大屋さんに知れると悪うございます、橋の瓦斯が消えますと宿屋の女が座敷へ参るはしゅうございます」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
来客があつても、もおずしやうじんのなかまうちである村の人は、なるべくは、座敷にも上げまいとする。縁台を庭に持出して、其に客を居させて、大抵の応待は、其処ですましてしまふ。
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
食終りてつぎの間にいづれば、ここはちひさき座敷めきたるところにて、軟き椅子、「ゾファ」などのきはめて短きをおほくゑたり。ここにて珈琲饗応あり。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)