“奥座敷”の読み方と例文
旧字:奧座敷
読み方(ふりがな)割合
おくざしき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奥座敷”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
四方よも赤良あから補助ほじよといふ事で、披露文ちらしを配つたが、向島むかうじま武蔵屋むさしや奥座敷おくざしき閑静しづかからう
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
奥座敷おくざしきに入ると、次郎さんは蒲団ふとんの上に寝て居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)