“座敷着”の読み方と例文
読み方割合
ざしきぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤い襦袢の上に紫繻子の幅広いをつけた座敷着の遊女が、手拭に顔をかくして、かゞまりに花道から駈出したのである。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
座敷着を代えて、黒っぽい着物のを折り、髪もして、手拭の耳をえていた。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お村の姿は南部の藍の乱竪縞座敷着平常着した小袖に、翁格子紺繻子の腹合せの帯をしめ、髪は達摩返しに結い、散斑珊瑚珠五分玉のついた銀笄し、前垂がけで
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)