春の雁はるのかり
からっとよく晴れた昼間ほど、手持ち不沙汰にひっそりしている色街であった。この深川では、夜などは見たこともないが、かえって昼間はどうかすると、御旅の裏の草ッ原で、子を連れて狐が陽なたに遊んでいたりする事があるという。 ——通船楼の若いおかみさ …
作品に特徴的な語句
ひね まわ ぎたな 良人うちのひと 芸妓はおり 爪弾つめび たか この ほぐ あじ 賄賂おくすり 良人うち 一番ひとつがい とも なまめ ちゃ しめ むさ のう めん 掛金かけ せい はず りき 身代みのしろ うらない かご わら くち 手酷てきび 情夫いろ 肌合はだあ 老婆としより はじ 翌年よくとし 揶揄からか 故国ここく ふく 封金きりもち おさ おんな かた 燈火ともしび うれ 贋物いかもの 気色きしょく 気質きだて つく きたな たた 馴染なじ 内緒ないしよ みが しお 長崎あっち 鉄漿おはぐろ 緻容きりょう 狭斜きょうしゃ 猪牙ちょき 獄門ごくもん 脚絆きゃはん 珊瑚さんご わけ また 生命いのち よみがえ 男袷おとこあわせ 耳朶みみたぶ 白洲しらす ひも すく かげ すじ 筮竹ぜいちく 算盤そろばん かせ 稚妓こども 粋人すいじん 糸底いとぞこ 白魚しらうお 縁起えんぎ なわ やつ まと