“窶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やつ97.7%
やつれ2.0%
やつし0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも割合にせもれもしないのが矢張り気違いの生理状態なのかとれる。呆れながら加奈子は却ってそれが余計不憫になる。
春:――二つの連作―― (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
めて顔を見る目も、法師は我ながら遥々と海をめる思いがした。旅のが何となく、袖を圧して、その単衣縞柄にもれていたのであった。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寶澤は盜賊殺害されしらへ事十分調ひぬと身は伊勢參宮姿一先九州へ下り何所にても足を止め幼顏ひて後に名乘出んものと心は早くも定めたり大坂へ夫より便船
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)