はる――二つの連作――――ふたつのれんさく――
加奈子は気違いの京子に、一日に一度は散歩させなければならなかった。でも、京子は危くて独りで表へ出せない。京子は狂暴性や危険症の狂患者ではないけれど、京子の超現実的動作が全ての現代文化の歩調とは合わなかった。たまたま表の往来へ出ても、電車、自 …
作品に特徴的な語句
おび いささか ねぎら たく もぐ きた はず ひろ おとがい 何卒なにとぞ にわ つむ こん さから 足蹠あしうら ただ はな まか きま わか すわ わざ 瓦斯ガス 此処ここ 痙攣けいれん 癇癪かんしゃく なお 白粥しらがゆ しわ 監禁かんきん まぶ ひとみ 眼瞼まぶた にら 矢庭やにわ 矢鱈やたら 破綻はたん 稍々やや かせ くぼ やつ うかが はず こも かゆ 繻子しゅす まと かか 羞恥しゅうち 聯想れんそう そび さかな あぶら 脅迫きょうはく すすき 花瓶かびん いじ ここ 茶絣ちゃがすり 草履ぞうり しお 障子しょうじ 遂々とうとう さえぎ 酔興すいきょう ひど 金槌かなづち かぎ 錦紗きんしゃ 鍛冶かじ しきい したが かえり 頓狂とんきょう しき 顎鬚あごひげ あずか
題名が同じ作品
(新字新仮名)芥川竜之介 (著)
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)太宰治 (著)
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
(新字新仮名)竹久夢二 (著)
(新字新仮名)小川未明 (著)
(新字旧仮名)山村暮鳥 (著)
(新字旧仮名)田山録弥 田山花袋 (著)
(新字旧仮名)牧野信一 (著)
春:〔春の帽子を〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
春:〔風船に〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
(旧字旧仮名)横瀬夜雨 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)