はる
五月初旬の夜です。或るカフェーの隅っこで、髪の毛の長い痩せた二人の男が酒をのんでいました。一人は専門の小説家で、一人は専門の文芸批評家です。小説家の方は、これから取掛ろうとする創作に思い悩んでいるし、批評家の方は、面白い批評の材料はないもの …
題名が同じ作品
(新字新仮名)芥川竜之介 (著)
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)太宰治 (著)
(新字新仮名)竹久夢二 (著)
(新字新仮名)小川未明 (著)
春:――二つの連作―― (新字新仮名)岡本かの子 (著)
(新字旧仮名)山村暮鳥 (著)
(新字旧仮名)田山録弥 田山花袋 (著)
(新字旧仮名)牧野信一 (著)
春:〔春の帽子を〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
春:〔風船に〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
(旧字旧仮名)横瀬夜雨 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)