“枘”の読み方と例文
読み方割合
ほぞ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眼に見えない肝心のところ、柱や梁のはゆるんでるに違いない。死なば皆諸共、一度にぐしゃりと潰れるまでである。
(新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
窓枠のから外されたと見え、それぞれ少しずつ中ほどから曲がったまま軒下に捨ててあるのを見ました時に、私は思わずふるえあがってしまいました。
幽霊妻 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
私がふり向いて見物人を見ることが出来るように、我々は円場にごく接近して坐った。場内は穴を持つ横木で、六フィート四方位の場所にしきられている。