“円枘方鑿”の読み方と例文
読み方割合
えんぜいほうさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしこの親方の人格が強烈で四辺の風光と拮抗するほどの影響を余の頭脳に与えたならば、余は両者の間に立ってすこぶる円枘方鑿の感に打たれただろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)