“枘鑿”の読み方と例文
読み方割合
ぜいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われより善詩人は即好判者なりといふものならねど、自ら經營の難きを知るものは、杓子定規うち振りて、枘鑿その形をにして、相容れざるやうなる言をばいかゞ出さむ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)