柵草紙の山房論文しがらみそうしのさんぼうろんぶん
我に問ふ、何故に久しく文を論ぜざるかと。我は反問せむとす、何故に久しく論ずべき文を出さゞるかと。我が文學上の評論をなさんといひし誓は、今やいたづら事になりなむとす。其咎果して誰が上にか歸すべき。 露伴子はその著當世外道の面に於いて、柔弱者の …
作品に特徴的な語句
ヱエゼン きずつけ 目的テレオロギイ へい レアヽル なみ ベグリツフ かれ つかへ あらは 教育ペダゴオギツク おほよ こゝろ 技倆ぎりやう イデエ がつ あらは 批評クリチツク こゝろ やれ けだし 便たつき のぼ 微行インコグニトオ たふと おほい 反對コントレエル 禿ちび いまし はな しほ なんぢ あらは はか こゝ はか とこしなへ うるは 臨時テムポレエル かさ 蒼海さうかい おほむね いはく かく あきらか 探究フオルシユング 跛足はそく かの この とほざ にはか はなは あはれ しりぞ いだ とも 論理ロギツク しる なづ いはん あるひ いひ わが いだ なら 焦燥いらだ かつ つく 彷徨はうくわう わづか かたむき さいはひ あまり あひ 觀察ベオバハツング ゆる むべ まなび いづれ 奈何いかに そこな 太虚ダス、アプゾルウテ はなは ちなみ ときあか いさゝか