“羅織”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うすもの25.0%
らしき25.0%
らしょく25.0%
らしよく25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“羅織”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野袴のばかま穿き、編笠あみがさをかむった、立派なみなりのお侍様五人が、半僧半俗といったような、まるめたおつむ頭巾ずきんをいただかれ、羅織うすもの被風ひふをお羽織りになられた、気高いお方を守り、こなたへ歩いて来るからでした。
怪しの者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
伝うるところに拠れば、彼がさきに盗賊二人を捕えた時、いずれもその証拠不十分であるにもかかわらず、彼は自己の功をなすに急なる余りに、鍛錬羅織らしきして無理にかれらを罪人におとしいれた。
何となればその五月二十五日は、則ち彼が安政の大獄に羅織らしょくせられて東上したるの日なればなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
しこうして彼はかえってくさむらいて蛇を出し、その自首したるがために、遂に彼をして死刑に致さざるべからざるまでの罪を羅織らしょくせらるるに至りしなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
さるを折衷之助の羅織らしよくに巧なる、わが文學雜誌の發行といひし言葉を、日本にてと限りても言ひたりけむやうに解きひがめて、ハルトマンみづから海を渡りて來ずてはかなはぬやうにいへるのみ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)