“羅紗羽織”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らしゃばおり50.0%
ラシャばおり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭には陣笠、羅紗羽織を着て、羽織の上から白襷をかけ、くくり草鞋ばきであった。左の腕に、長州藩の伍長級の腕章を縛りつけている。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
不埒ノ男ガ、ソノ上ニ、羅紗羽織ヲ着テイルガ、ナゼソンナリオルト叱ルカラ、オレガ云ウニハ、正之助ヘ書状ヲヤリシ覚エハ無ク、羅紗ノ羽織ハ小高故ニ、身ナリガ悪イト融通ガ出来ヌ故
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)