“紺羅紗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんらしゃ57.1%
こんらしや28.6%
こんラシャ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上品な紺羅紗のマントに同じ色の白リボンの中折れという馬鹿馬鹿しくニヤケた服装が、不思議に似合って神妙な遊芸の若先生に見えた。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「その通りだ。——紺羅紗の煙草入を持つて行つた人間だ——が金之助ではあるまい。金之助は店から、動かなかつた」
紺羅紗の筒ッポーに黒い鳥打帽、黒い前垂れに雪駄という扮装だから、どこかの店員が註文品でも届けに行く恰好にしか見えない。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)