“紺暖簾”の読み方と例文
読み方割合
こんのれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紺暖簾を深々と掛け連ねて、近頃出來乍ら、當時江戸中に響いた『唐花屋』といふ化粧品屋、何の氣もなく表へ出した金看板を讀むと
空駕籠をかついで仲町から飯倉片町のほうへやって来ると、おかめ団子のすじかいに、紺暖簾に『どぜう汁』と白抜にした、名代の泥鰌屋。
蠣殻町二丁目の家から水天宮裏の有馬学校へ通って居た時分———人形町通りの空が霞んで、軒並の商家紺暖簾にぽか/\と日があたって
少年 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)