“暖簾先”の読み方と例文
読み方割合
のれんさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこの暖簾先に住の江の婢共が、只打ちうろたえながらまごまごしているのを見つけると、叱るように言いました。
店に起って、善兵衛は、ちょっと暖簾先を落着いた眼でながめ——その眼を——あの儘、上って行ったきりしいんとして静かな二階の梯子段へ上げて、それから、そっと勝手へ出て来た。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)