“暖簾口”の読み方と例文
読み方割合
のれんぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故といふに、暖簾口も、暖簾も、皆書割りなので、そこから出入りは無い事に成つてゐるのだが、近眼の思案はそれが分らず。
硯友社と文士劇 (新字旧仮名) / 江見水蔭(著)
表の暖簾口から大手を振って出ても決して差しつかえないものを、平常の癖である、台所口から汚い草履を突っかけて、ぷいと外へ出た。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
六人の客は銘々の相方に誘われて、の浮巣をたずねに行ったが、お染の客だけは真っ直ぐに帰った。お染とお雪は暖簾口まで送って出た。
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)