鳥辺山心中とりべやましんじゅう
裏の溝川で秋の蛙が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂しい心持ちで聴いていた。ことし十七の彼女は今夜が勤めの第一夜であった。店出しの宵——それは誰でも悲しい経験に相違なかったが、自体が内気な生まれつきで、世間というものをちっとも知らないお染は …
作品に特徴的な語句
戯言てんごう がしら じゅう いじ いちじ 頓着とんぢゃく 愛着あいぢゃく 過日このあいだ はね すご 一寸いっすん しに 武士ぶし そめ じょう くう かご 彼方あっち 彼女かれ 弟御おととご おっと すそ 一人いちにん 湿 あわ しお 生命せいめい ひま 時雨しぐ 日和びより わざわ ふだ すい 悪寒さむけ べに こわ のち さと 年経としふ あた はぎ はま かばね 寡言むくち 花代はなだい いえ かわず あま 売女ばいじょ かど にお しろ 今朝こんちょう 調しらべ さむらい にわ 名残なご かみ 上塗うわぬ くも つぐの おど あに ゆる 遊里ゆうり 九日ここのか せつ のが やま ねや とが おちい 祇園ぎおん 真紅まっか まゆ ゆき 相方あいかた 相州そうしゅう しわ 白粉おしろい しき うぐいす 溝川どぶがわ とどこお みなぎ びん ふる くず 無垢むく 無益むやく 疎匇そそう