“相州”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうしゅう81.3%
さうしう18.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鹿角郡のユルギがあり、福島県では石城郡のイルギ、最上会津相州浦賀等のユルギのほかに、飛んで隠岐五箇浦のエリリがある。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
もう十二年である、相州逗子の柳屋というを借りて住んでいたころ、病後の保養に童男一人連れて来られた婦人があった。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
それは去年の春、彼の所へ弟子入りをしたいと云つて手紙をよこした、相州朽木上新田とかの長島政兵衛と云ふ男である。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あつられたが、しかしつた。……相州某温泉で、朝夕ちつともすゞめがないのを、夜分按摩いて、歎息したがある。みんなつてしまつたさうだ。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)