木綿以前の事もめんいぜんのこと
女と俳諧、この二つは何の関係も無いもののように、今までは考えられておりました。しかし古くから日本に伝わっている文学の中で、是ほど自由にまたさまざまの女性を、観察し描写し且つ同情したものは他にありません …
作品に特徴的な語句
閑人ひまじん 歯痒はがゆ 薩摩さつま 無駄むだ 美濃みの 足駄あしだ 俳諧はいかい 棕櫚しゅろ 近頃ちかごろ 諏訪すわ 越後えちご 裏店うらだな 背戸せど 駿河するが ます 気儘きまま ひえ 輿入こしい 出雲いずも 囲炉裏いろり 突兀とっこつ 金槌かなづち 伊勢いせ 伊豆いず 短冊たんざく 足利あしかが 布子ぬのこ 袖口そでぐち 上総かずさ とぎ 秩父ちちぶ 結城ゆうき たで 野良のら 後家ごけ くさび 編輯へんしゅう 韜晦とうかい 紺絣こんがすり ぬか 先途せんど なだ もみ 敷衍ふえん 檀家だんか 白木しらき 裳裾もすそ 銘々めいめい 亜細亜アジア さかい はく 茫漠ぼうばく 我邦わがくに 牡丹餅ぼたもち 熨斗のし 稀薄きはく 飢饉ききん 弥生やよい 路次ろじ 眉目びもく とら 縁起えんぎ 越前えちぜん そり 屈托くったく 不如意ふにょい 御蔭おかげ 蒲鉾かまぼこ かめ 南京ナンキン 白山はくさん 脚気かっけ 小豆あずき 面倒めんどう へい かき 仕来しきた 年頃としごろ 晩酌ばんしゃく 町方まちかた 蒟蒻こんにゃく 其角きかく 強靱きょうじん もず 伯耆ほうき 泥鰌どじょう 賜物たまわりもの 冤罪えんざい 醗酵はっこう 布袋ほてい 海嘯つなみ つと 尾張おわり 神楽かぐら 伝播でんぱ 道行みちゆ 畸形きけい 放恣ほうし