木綿以前の事もめんいぜんのこと
女と俳諧、この二つは何の関係も無いもののように、今までは考えられておりました。しかし古くから日本に伝わっている文学の中で、是ほど自由にまたさまざまの女性を、観察し描写し且つ同情したものは他にありません。女を問題とせぬ物語というものは昔も今も …
作品に特徴的な語句
とく ざれ ゆさ こう きわみ うしの あけ にこ ごう とどま うわ めい 御前ごぜ づく くゆら 一切ひとき れん きき 祖父じじ ひしお 出立でた いっ しょう さが ごろも ようよ おも 取繞とりめぐ 追立おいた 退しりぞ しりぞ くい せい いだ おそろ かん かさね 入込いりごみ 如是かくのごとく とら しも いず とう つかさど しら おさ 連衆れんじゅ ばなし とど ざけ 団子だんす しょ つまびら なが まっと 妻覓つまもと はた こうむ へん ぴょう 附合つけあい すく おろそ なん おも わずら しずく 左右さう あらわ たや すこ くら いひ あし こう わが はず つた こぼ 神事しんじ 小家こや ただ 如何いかが 此方こっち いわい