戯作三昧げさくざんまい
天保二年九月の或午前である。神田同朋町の銭湯松の湯では、朝から不相変客が多かつた。式亭三馬が何年か前に出版した滑稽本の中で、「神祇、釈教、恋、無常、みないりごみの浮世風呂」と云つた光景は、今もその頃と変りはない。風呂の中で歌祭文を唄つてゐる …
作品に特徴的な語句
かへつ わづらは かたはら おろ 父様とつさん どほ おほい 饒舌ぜうぜつ おのづか かたはら しうと をは 水槽みづぶね あきらか でつ 尫弱わうじやく 磅礴ばうはく かた なめらか おびやか えう あかる はふ にぎやか しやう だけ まばら 男女なんによ わづら むらが わざはひ うるほ なめ とか 毎日まいんち ほとんど ごふ 梧桐あをぎり やさ そめ 芭蕉ばせう ほがらか たなごころ 悪戯いたづら せは いたづ 後生こうせい うしろ つう つひ もつぱ まつた 如何いかが いた 仰向あふむ 商人あきうど たまたま みた いと 諧謔かいぎやく 誨淫くわいいん 拷問がうもん ゑくぼ はか 単衣ひとへ 蟋蟀こほろぎ 旺盛わうせい ひき あたま 勧懲くわんちよう しづ 蝙蝠かうもり 曲亭きよくてい ほがら 蕭索せうさく かうむ 荘介さうすけ うなづ 林梢りんせう すさま をけ しん 絵絹ゑぎぬ 祖父ぢい 硯屏けんびやう 相搏あひう 相州さうしう 一九いつく ひやく 発句ほつく 癇癪かんしやく 糅然じうぜん 黄菊くわうぎく 中背ちゆうぜい 田舎ゐなか 髣髴はうふつ 沮喪そさう
題名が同じ作品
戯作三昧 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)