戯作三昧げさくざんまい
天保二年九月の或午前である。神田同朋町の銭湯松の湯では、朝から不相変客が多かつた。式亭三馬が何年か前に出版した滑稽本の中で、「神祇、釈教、恋、無常、みないりごみの浮世風呂」と云つた光景は、今もその頃と …
作品に特徴的な語句
気魄きはく ゑくぼ すぎ 芙蓉ふよう 旺盛わうせい 沮喪そさう 馬琴ばきん 拍子木ひやうしぎ 水滸伝すゐこでん 纏綿てんめん とりこ 相州さうしう 算木さんぎ 発句ほつく 大銀杏おほいてふ 澎湃はうはい 片肘かたひぢ 神祇じんぎ 傍若無人ばうじやくぶじん 近江屋あふみや かかあ 三馬さんば 京伝きやうでん 御冗談ごじようだん 朽木くちき 梧桐あをぎり 卜筮ぼくぜい 相搏あひう 憂欝いううつ 銭湯せんたう 孟宗もうそう 遼東れうとう 飽迄あくまで 糢糊もこ 陰々いんいん 読本よみほん 但馬守たじまのかみ 掛行燈かけあんどう わざはひ 崋山くわざん 甲斐絹かひき 戯作げさく 開放あけはな 文身ほりもの 残滓ざんし 舟子かこ すがめ 寂滅じやくめつ 一九いつく 坊主頭ばうずあたま 寒山拾得かんざんじつとく 春水しゆんすゐ 和泉屋いづみや 招牌かんばん 水槽みづぶね かたがた ろう 中背ちゆうぜい 八犬伝はつけんでん 磅礴ばうはく 片々かたかた 便々べんべん 双幅さうふく 脂気あぶらけ 黄菊くわうぎく 本朝ほんてう 御咎おとが 硯屏けんびやう 父様とつさん 楔子くさび 糸鬢奴いとびんやつこ 蕭索せうさく 釈教しやくけう ひやく 尫弱わうじやく 合巻がふくわん 糅然じうぜん 下顎骨したあごぼね 御差支おさしつかへ 絵絹ゑぎぬ 鄙吝ひりん 仏参ぶつさん 先王せんわう 山神廟さんじんべう 市兵衛いちべゑ 生噛なまかじ 神人しんじん 紅楓こうふう 誨淫くわいいん 丸額まるびたひ 四書五経ししよごきやう 屑々せつせつ 曲亭きよくてい 由兵衛奴よしべゑやつこ 破芭蕉やればせう 筆削ひつさく 細銀杏ほそいてふ
題名が同じ作品
戯作三昧 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)