“拷問”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごうもん80.6%
がうもん18.3%
いた1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その方の衣服と扇子は、それで判っておるが、その贓物は、どこへ隠してある、早く云え、云わなければ、拷問にかけるぞ」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
拷問牢問ひは、牢番與力配下の不淨役人の仕事で、手前共手先御用聞の役目では御座いません、恐れ乍らその儀は御容赦を願ひます」
わかってるじゃねえか、顎化と一騎打ちに行くのだ。……口書爪印もあるものか、どうせ、拷問めつけて突き落したのにちげえねえ。……ひとつ、じっくりと調べあげて、ぶっくらけえしてやろう。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)