“拷問倉”の読み方と例文
読み方割合
ごうもんぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若いお屋敷風の女と聞くと、東儀は、習性のように、拷問倉の窓からのぞいたあの白い顔と、花世の名を思い出すのだった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唖男を捕まえて、奉行所の拷問倉で吟味をしている時、そこの石倉の窓から覗いた女の顔は、彼女に、そっくりであった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奉行所の拷問倉までしのんで来たことだけで充分に分っていたが、まさか、こうまで機変に富んで巧妙に澄ましこんでいようとは、思いのほかだった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)