“拷問部屋”の読み方と例文
読み方割合
ごうもんべや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じゅーっと肉の焼ける音が聞こえ、拷問部屋に似たにおいがにひろがった。マリユスは恐ろしさに気を失ってよろめき、悪漢どもすら震え上がった。