“拷問法”の読み方と例文
読み方割合
ごうもんほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗教糺問所の刑僧は、みな善良素朴な人間ばかりで、残忍な拷問法を考えだしたベラミン僧正などは、衣についた蚤をあわれんで、払いのけることさえしなかったということである。
青髯二百八十三人の妻 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)