“問法”の読み方と例文
読み方割合
もんぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花漆とかいうて、の時めいた女性であったが、津にる船、出る船の浮世のさまを語り、男ごころ女ごころの人情を聴き、また、花漆の問法にも答えてやり
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)