“問掛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
といか40.0%
とひかけ20.0%
とひか20.0%
とひかく20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同道致候道々、愚僧の様子何となくいつもとは変りをり候ものと見え、何か仔細のある事ならむと問掛け、は得念自身問はれもせぬに、その身の事打明け話し候を聞くに
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
も忠八はお花夫婦に問掛られ何とか云て宜からんと一人胸を苦めしが何時迄か包み隱さんと心を定め四邊見廻し聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ると先程糸屋眞直けば大通りへ仕舞ひますたしか裏通りとせで御座いましたが町名しますか夫次第大抵りませうと問掛けたり
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
友次郎はめ勵まし泣てのみ居ては事分らず樣子如何にと問掛ればお花も屹度心付涙を拂ひ妾が此處まで連られ來りしには種々樣子ども夫は道々御話し申さん夫れよりは先急ぎ此所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)