別れ霜わかれじも
莊子が蝶の夢といふ世に義理や誠は邪魔くさし覺め際まではと引しむる利慾の心の秤には黄金といふ字に重りつきて増す寶なき子寶のうへも忘るゝ小利大損いまに初めぬ覆車のそしりも我が梶棒には心もつかず握つて放さぬ熊鷹主義に理窟はいつも筋違なる内神田連雀 …
作品に特徴的な語句
きゝい 尋常つねなみ おほせ 佇立たゝづみ そち とひ くだん きつ かを しやう ひと あはたゞ そう あき 歩行ひろひ いひ とゝ まじは 邂逅かいごう しひ きゆう 何方いづく がら おほ 一方かたへ びく をり 明日きのふ なほ 柔和にゆうわ つち はた まは かたへ 此方このはう ぢやう くわい かは 代々よゝ ひま どほ はう くわつ 情緒じやうちよ かう おろ づく きは 囈語たはごと うつ いづ 一寸いつすん 墓所ぼしよ 父樣とつさま とは のこ まづ 一通いつつう 反對うらうへ 低頭うつぶ いきほ うつ うつ 日暮ひぐら 起居ききよ うへ まし さが ゆき かたはら とぶら かたじけな しゝむら とゞ なゝ げん 主從しゆじゆう わつ きは さかゑ 周旋しゆうせん 何方いづかた ぐれ あたゝ ぎは かは 自由まゝ 地面ぢめん 外面げめん たはむ いだ 酌取しやくと 塵埃ぢんあい 莞爾につこ はづ