榎物語えのきものがたり
市外荏原郡世田ヶ谷町に満行寺という小さな寺がある。その寺に、今から三、四代前とやらの住職が寂滅の際に、わしが死んでも五十年たった後でなくては、この文庫は開けてはならない、と遺言したとか言伝えられた堅固な姫路革の篋があった。 大正某年の某月が …
作品に特徴的な語句
あとう うばい かぞう たち げん かさね もうす ごう たずね こまり 如何いかに うかがい 申聞もうしきか ここ まいり ども うえ 下手したて 見申みもうし わずら どう もうし 御仰おおせ いくば むき ばい いで いり うしろ おもい ねむり あい 御尋おたずね もとづ うったえ 打破うちこわ 呼続よびつづ 如何いかが まかり がた かたわら ほとんど 音信いんしん 最早もは かくし たちまち ちぎり 大門だいもん 一封いっぷう 一通ひととおり 梵妻ぼんさい おおい 夜中やちゅう 御掛おかか うらみ 白昼はくちゅう かけ 御抱おかかえ はじ よこ おそれ 杜断とだ 在所ざいしょ いましめ しきり 此方こなた かんがえ ましら 家中かちゅう まね わずか 往来おうらい 差加さしくわ かな つか にち もん つれ 泣沈なきしず のち さむらい 使つかい あいだ 何処いずこ ひま 寝所しんじょ ぎわ ふき つき むね 如何いかん 一先ひとまず 年来ねんらい 無之これなき