“諫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いさ91.1%
いさめ6.8%
いまし1.0%
いさむ0.5%
さと0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
証人の一人(菓子製造人のモンターニ)がこれをたしなめる、またはめる言葉だと言っているが、それはこの場合もっともなんだ。
光秀陣中の場は光秀が死を決して斎藤大八郎のを用ゐぬ処なるが、ここも双方共あまり先を見通し過ぎてらしからず。
しかも天子様はイクラお側の者がめてもに釘どころか、ウッカリ御機嫌に触れたために、冤罪で殺される忠臣が続々という有様だ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一 嫉妬の心努〻すべからず。男婬乱なればべし。べからず。甚しければ其気色言葉も恐敷して、却て夫にれ見限らるゝ物なり。若し夫不義あらば我色をらげ声をにして諫べし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
若い忠興はふと軽んじるような念を抱いたが、いつか佐和山城内で、父の藤孝からろにされたことばを思い出して
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)